FC2ブログ

幹の④-② 「善」③-②-⑳-⑧~風姿花伝 第七 別紙口伝 「秘すれば花」、その本質⑨-①-②~「芸を極める道」・その出発点⑦-②外堀は鑑賞眼 受動的鑑賞(下)



 投稿者  安宅 関平

 受動的な芸能の楽しみ方が、贅沢三昧の鑑賞だという理由はどこにあるのだろう。
それは、あの「はとバス観光」の良し悪しが、バスの運転手が握っているとした理由と同じである。芸人次第なところがあるからだ。
これは受動的・消極的観賞方法の特性である。
 こうした芸の特性は、芸人にとっては実に厄介な性質を持っている。
だが、それは芸人には厄介であるが、観客には利点である。
観客に利点というのは、受動的鑑賞は芸の良し悪しの主導権が芸人側にあることによって、観客は芸にみる「持ち味」の中から、気に入ったものや、楽しみたいものだけを選んで、それを味わう楽しみ方ができるからである。
例えば、一つの芸の中で、愁いを帯びた芸に「持ち味」の「花」をみる者は、それによって後顧に浸り楽しむが如くである。また、力強く勢いのある芸に「持ち味」の「花」をみるものは、それで勇気や希望を湧くが如くである。
 こうした楽しみ方は、極めてシンプルな楽しみ方である。それは、好みのものを楽しめることの良さでもあろう。
この良さが贅沢三昧の芸能鑑賞となる理由である。

 世阿弥はこの受動的・消極的な観賞方法が、芸能鑑賞の主流でなければならないとしている。
しかし、それは芸人にだけ負荷の掛かることを意味している。だが、それを凌(しの)げと檄を飛ばしている。

 では、世阿弥のいう負荷とはどういうものか、それを凌ぐとどうなるのかである。
 芸の鑑賞は、芸人が自覚している「持ち味」と観客が面白いと感じる「持ち味」が一致すれば、双方が満足できる芸となるが、そこにズレが生じると、どちらかに不満が出たり、双方に不満の残る鑑賞となりやすい。
ところでこのズレは、芸人と観客のそれぞれで「持ち味」の捉え方が違うことから生じることが多い。
 この捉え方の違いの主な要因は、芸に努力を怠る一方で、成果だけは上げたいとする芸人側にある。それは、まぐれ当たりを狙うようなものである。
すると結果は、芸の中に見る「花」がないか、あっても少ないか、あるいは薄くて未熟というものになる。
 負荷とは、この要因を解消する作業工程のことである。この工程によって、解消に通じる「花」を豊富に持つことができるのある。
 凌ぐとは、そのための努力を休まずにすることを云い、裏を返せば芸を磨くことを怠るなと云うことである。
それによって「花」が生まれるから、その「花」の数を増やせといっている。こうして「花」が豊富になれば、芸人と観客の「持ち味」の捉え方の違いは解消するというのである。凌ぐことは、こうした結果を出せるから、檄を飛ばすのである。
 捉え方の解消とは、観客が種類の多い「持ち味」の花が咲き揃っている「芸の花園」に入園して、好みの花を摘み取ることに似ている。
それは、芸人が数多く「持ち味」の花を咲かせ、観客に好みの花を摘み取って楽しんでもらうことであるから、双方が満足する。それで芸人と観客の「持ち味」の捉え方が一致したと言えるのである。

 では、凌ぐことがこのように「花」を生み、それを蓄え、芸人と観客のズレの違いをなくするのは、何故かである。
そこにあるものは、世のすべての者との摩擦を解消して、味方に取り込める器量が含まれているからである。
器量とは、世のすべての者がより努力した者の方へ心を傾けてくれるようにできている。何故なら汚れたものより美しいものを好むからである。
そこで、より努力した芸は、その分だけ他よりも美しいのだというのである。だから、凌いで他よりも努力せよと説いているのである。
 ただ、これを凌げなけれは、それはトライバーの観光コースのセンスのなさとガイドの不慣れな説明の如くである。
この場合で、噴出する不満は、運転手やガイドよりも観光客の方が受身であるだけに激しいものになる。

 このように、芸人にとっては一見厄介な性格を抱えた芸能鑑賞ではあるが、観客にとってはその面白さは、正月に色とりどりの餅や飾りをつけた繭玉(まゆだま)飾りに似た賑やかさと美しさをみる楽しさがある。
更に、繭玉に似た楽しさは、もう一段の高みの芸を望む嬉しさがある。これは鑑賞力の質の向上をみることを意味している。
 但しこれは、「持ち味」が豊富で、「煮え花」や「お焦げ」、「秘すれば花」の多彩な芸人のみに味わえるものである。
だからこれを贅沢三昧の芸能鑑賞と云うのである。
それは、以前(2017/3/15)、【「芸を極める道」・その出発点③-②内堀、(上の下)】での投稿において、「煮え花」や「お焦げ」は、芳醇な香りを放ち、ふっくらと炊き上がったご飯から見れば、まことに素朴なものであるが、贅沢なものであるとしたことにも通じている。
新しく創られた「花」の魅力は、計り知れない地道な努力が積み重ねられ、それが化学変化を起して生まれれているからである。それが光り輝いて人心を惹きつけるのである。

 そこで「持ち味」の貧しい芸人には、この鑑賞法での面白さは生じないことになる。
では「持ち味」の貧しい芸人の芸を楽しむ方法があるのかである。それについては、次稿で採り上げてみたい。


 雨明けの甘く実りし梅の実の 地に落ちようか迷う白南風(しらはえ)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿