FC2ブログ

幹の④-② 「善」③-②-⑳-⑨~風姿花伝 第七 別紙口伝 「秘すれば花」、その本質⑦-⑥~「芸の魅力」⑳-⑳克服した芸域の空洞化 (下の中⑬)アルバム「悠悠~阿久悠さんに褒められたくて~」⑮-⑤-⑧-⑤ 

 投稿者  安宅 関平

 では、島津亜矢さんの「ここ一番の強さ」の秘密を支える「哀調」の、特異性について見てみたい。

 それは、歌唱における「哀調」の概念を、従来の常識に囚われず、大胆不敵に塗り替えたといってよいことだろう。
 本来哀調とは、哀れっぽい悲しさに立ち昇る弱々しい意識を捉え、そこにある美を表現したものを指している。
その美が日本人によく馴染むことから、それを楽しみ、慰めとするうちに、生活の中に常態化してきたものと思われる。

 ところで、島津亜矢さんの「哀調」には、常態化した一般的な「哀調」に加え、また別の「哀調」が組み入られているという特徴がある。
それは力量感のある「哀調」である。その代表的歌唱が、前稿で採り上げた「人間」であり、「ヨイトマケの唄」「船頭小唄」かと思われる。

 そこで、力量感のある「哀調」とはどのような哀調かである。
それは、一般的な「哀調」は哀れみの美が「慰め」で終るのに対して、力量感のある「哀調」は「慰め」から「生きる力」に変わる時の美しさまでを捉えたものである。
それは、よれよれと歩く幼児が、つまづき転ぶなかで、初めて一人で立ち上がるとき起きた感動、つまり起き上がるという自立の美しさである。
この美によって「哀調」に新風を吹き込んでいる。これが従来の常識に囚われない大胆不敵な「哀調」であると言えよう。
 だが当初、大衆はこの哀調に、違和感を持ったようである。
それは、哀調であるような、哀調ではないような表現の半端の中に、力強さだけを感じるとした捉え方をしたからである。
それでも、それを「哀調」というなら、それは従来の「哀調」とは余りにも掛け離れることから馴染めないとする一面が、違和感という拒否の反応として現れたものかと思われる。
ところが、そうした反面、それには理由もなく魅力を感じ、印象に残るとしたことも事実であった。その魅力と印象は、拒否反応を示したあの力強さによるものであったのは、皮肉なことである。
というのも、この力強さのそれには、芸を蔑(ないがし)ろにするにしては、あまりにも侮(あなどれ)れない、芸の本質を印象づけるものがあったからであろう。
 このように、愚者も含めて多くの日本人は、何事においても初物に関しては、ためらいとか、ゆらめき、はにかみ等の、踏ん切りをつけられない感覚が生じたときは反射的に、一度は拒否する態度に出るところがあるが、反面、拒否はしたが何故か魅力を感じるという矛盾を抱え込むことも多々ある。しかも、その矛盾を何ら矛盾とは感じずに、平然と両方を正当化するところがあるのも、また困ったところである。

 こうした矛盾が、島津亜矢さんの芸の評価においても現れているようである。
それは、聴き慣れた楽曲のカバーは極上の上手さを感じるが、別に歌い方が違っているわけではないのに、オリジナルの新曲は何故か馴染めないとした現象を見ることである。そこに、島津亜矢さんの新曲CDの広がりが、思うように適わないとしたことにつながっているのかもしれない。
それは、違和感を持つはずの哀調も、聴きなれているカバー曲では抵抗感を感じないのに対して、オリジナル曲においては初物のためらいが障害となる特異な傾向の現れからであろうか。しかし、力強さにみる哀調の魅力と印象は、繰返し聴く毎に強くなり、多くはその虜(とりこ)になって行くのも事実である。

 さて、このように島津亜矢さんは「人間」のカバー曲において新しい哀調表現の原型を示したが、この表現方法は歌謡界では、未だかってなかったことである。
実はそこに「哀調」表現の、革命に似た新風を起していたのを誰も気付いていないのである。
しかも逆に、この革命に似たものが抵抗感となり、リリース楽曲の広がりを阻んでいた原因の一つになっていたのかも知れない。
だか、それでも島津亜矢さんは、この「哀調」表現は今後の歌謡界に必要なものであり必ず理解してもらえるとして、自分の歌唱の保守本流に据え、押し通してきたものと思われる。
ただ、その間、力強さに柔らかな味を加えたり、声質の鋭さを削ぎとってみたりと、大衆の抵抗感を和らげ、受け入れられやすいように努力を重ねてきている。その結果の集大成が、アルバム「悠悠~阿久悠さんに褒められたくて~」にみられた柔らかさの表面化であろう。
しかし、基本的ソウルフル感は変えることはなかった。

 これについては、星野哲郎氏も生前、その特異性を大切にしたようである。そのために新曲が好評を得られなくとも、じっと我慢して、芸を直させることなく、牛の歩みを以って育て上げてきたものと思われる。
 そして、近年、その努力が実りつつある。理解の度も強まりつつあり、その広まりも速く、しかもこの力強さの「哀調」の主旨が、歌謡界の主流になろうかとしている。

 次稿では、その「哀調」が主流になりつつある要因は何かを、歌唱をグループ分けしながら探ってみたい。
グループ分けの楽曲は、評論家が唱える大衆受けするような楽曲は極力避けて、その他の物で構成しようと思っている。それは、歌唱の中に共通した「哀調」の特質が見られるものを一つのグループとする手法である。
例えば、「人間」・「ヨイトマケの唄」・「船頭小唄」の歌唱群とか、「津軽のふるさと」・「おさらば故郷さん」・「旅愁」・「思い出よありがとう」の歌唱群、「会津の小鉄」・「男 新門辰五郎」・「花の番随院」等の歌唱群、「川」・「竹」・「波」・「富士」・「山」「年輪」等の歌唱群、「裏道の花」・「悲しい酒」・「京都から博多まで」・「心もよう」・「麗人抄」の歌唱群、等々のグループ分けといった具合である。
 こうした手法で、「哀調」が主流になりつつある要因を探ることに加え、島津亜矢さんの「哀調」のその原型から現在までの変遷や、垣根の無いマルチ歌唱が可能なことまでも分かるのではないかと思われる。


 亡き人を訪ねて線香手向ければ 林の樹雨(きさめ)こころ煙らす


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿